知育玩具と呼ばれる玩具とはなにか

知育玩具の目的

ところで、知育玩具とはどういうものなのかご存知でしょうか。

簡単に言うと、子どもさんの知能的な発達を促進したり、学習の助けになったりするような玩具のことをそう呼んでいます。
よくおもちゃとの違いがわからないという方がいらっしゃいますが、ただの遊び道具で子どもさんが遊びたいと思って使う普通のおもちゃとは違っています。

では、どんな目的で知育玩具は遊んだり使ったりするようになっているのでしょうか。
主には考えたり表現することを学ぶために利用したりしています。
ただ単に遊んで楽しんでいるだけでなく、集中力や思考力、手先の器用さや創造性、さらには視覚や聴覚なとこれからの人生で必要な感覚や能力を伸ばしてくれるという効果があります。

これらのポイントに気を付けよう

もしこれから知育玩具を選ぶとなったら、どういうところに気を付けて選べばいいのでしょうか。

知育玩具の一番の特長としては、子どもたちの発達段階を考えて作られているということです。
そのため最も注意するポイントとしては、メーカーが設定している対象年齢をきちんと確認してから利用するようにしましょう。
まだ小さい子に難しい知育玩具を与えても理解できず、すぐに飽きてしまうことも考えられます。

また、知育玩具によっては伸ばせる能力がそれぞれ違っていきます。
その子の年齢に適した、伸ばしたい能力に合ったものを選んであげるのがいいでしょう。
運動が好きな子には体を動かすもの、家で遊ぶのが好きな子には一人で遊べるようなものという感じで探してみると、失敗も少なくて済むでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る