子どもさんの成長に必須な知育玩具を使ってみよう

幼児期の短さ

なぜこんなに幼児教育の重要さが叫ばれているのでしょうか。
それには、幼児期の短さがあります。

人一人の人生はだいたい80年ほどという長い道のりです。
その中でも幼児期は、だいたい6年ほどのほんのわずかな期間です。
また、幼児の一日は大人の一ヶ月分くらいの価値ともされています。

それを思うと、幼児期の教育は大切なものと感じられます。
どんなことがあるのかと言うと、人間形成やその子の才能や能力を伸ばすのに重要な時期とも言えるのです。
逆に言うと、幼児期の教育でその子の人生の道しるべや特技が決まってくるとも取れるかもしれませんね。
その子の一生がかかっているわけですから、親御さんが力を入れるというのもうなずけますね。

たくさん吸収する幼児期

また、幼児期のスポンジのような吸収の良さも関係されているとも言われています。

一般的に幼児期とは、知的な部分はもちろん内面の発達、人間関係を始めとした社会性の勉強などこれからの人生に忘れてはいけないようなことを一生のうちでもっともたくさん吸収出来る時期ともされています。
それに、習いごとやちょっとした遊びを通じて、隠された才能や能力が開花されるのに適している唯一の時期とも言われています。

ここで十分な教育をするのがこれからの人生に大きな影響を与えるというわけなのです。

ただ、なんでも手あたり次第させるよりは、その子がしたいことや向いていると思ったものをさせる方が習いごとに対してのストレスも少なく済んでくるでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る